お金の悩み

【2022】スポーツジム代が払えない。滞納すると強制退会に!?

スポーツジム代未払いで強制退会になる前に

「通っているジムの月会費が高すぎて払えない」
「今月ジム代を滞納してしまった……強制退会になる?」
「もし退会になっても、もう一度入会できる?」

ジム会費の請求書を見ながら、一体どうすればいいのかと悩んでいませんか?

今月の月会費を工面するには >>

健康やダイエットなど様々な目的でジムに行く人が多い現代ですが、各スポーツジムによって料金はさまざま。

特にパーソナルトレーナー料金などは高額なため、契約後に「ジム会費が払えない!」というトラブルを抱える人も少なくありません。

この記事では、ジム代が払えないと悩んでいる方向けに、ジム会費を滞納したらどうなるのか、会費滞納による処分を避けるにはどうすればよいのかを紹介しています。

今月のジム会費が払えないかも…と心配な方や、すでに滞納してしまっている方は、必ず最後まで読んで、ご自分に必要な対処法を実践してくださいね。

らくらくマネー
らくらくマネー_業者_バナー
\日本全国最短3分で入金!/
らくらくマネーなら、どこよりも楽に現金化できる!
少額でも換金率が高いから、初めての方でも安心♪
これまでにカード事故・決済トラブルはゼロ!
土日祝でも24時間利用可能♪
今すぐ現金が必要なら、利用者数10万人超えのらくらくマネーにお任せください!

このページの要約

スポーツジムの会費が支払えない場合、約2~3ヶ月程度で強制退会処分となります。

会費の支払い方がクレジットカード払いの場合、滞納履歴に記載され、数年の間個人信用情報機関に登録されます。

この登録期間の間は新規でクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができません。

会費が支払えないときにはクラブ側と相談し、場合によっては休会措置や退会手続きを取ってもらうようにしましょう。

詳しくは本文を参考にしてください。

スポーツジム料金の相場ってどのくらい?

002

まずはスポーツジムの月謝料金の相場について見ていきましょう。

フィットネスクラブでは、顧客の目的・使用頻度にあわせた、自由度の高いプラン展開をしているところがほとんどです。

  • 「フリープラン」
  • 「平日or休日のみプラン」
  • 「月○回までプラン」「週○回プラン」
  • 「夜間など時間指定のあるプラン」
  • 「使える機材指定プラン」

それぞれ月にかかる料金が違いますが、平均すると月々の支払いは約1万円前後といったところでしょうか。

以下の表に、有名なスポーツクラブの平均的な料金をまとめました。

(なお、明記してある料金は、各店舗やコースなどによって異なりますので、目安程度に考えてください。)

クラブ名 月会費(フリープラン)
コナミスポーツクラブ 10,340円
LAVA International 6,182円~9,818円
ゴールドジム 14,300円
東急スポーツオアシス 15,180円
ルネサンス 13,310円
ジョイフィット 7,678円
カーブス 6,270円
エニタイムフィットネス 7,480円
ティップネス 9,900円
セントラルスポーツ 8,343円
スポーツクラブNAS 8,800円

このほかに、トレーナー付のパーソナルトレーニングや、スタジオに入って行うヨガやダンス講座には、別途でインストラクター料金などがかかることもあります。

スポーツジムの料金の支払い方法は?

スポーツジムの会費支払い方法は、口座振替、クレジットカードが一般的で、現金支払いが可能なジムは現在ありません。
以下の表に有名なスポーツクラブの会費支払い方法をまとめましたので、参考にしてみてください。

ジム名 口座振替 クレジットカード
コナミスポーツクラブ あり あり
LAVA International あり なし
ゴールドジム あり あり
東急スポーツオアシス あり あり
ルネサンス あり なし
ジョイフィット あり あり
カーブス あり あり
エニタイムフィットネス あり あり
ティップネス あり なし
セントラルスポーツ あり なし
スポーツクラブNAS あり なし

ここで少し注意したいのが、口座振替の場合でも、クレジットカードが必要なケースがあることです。
一部のジムでは会費の請求をクレジットカード会社に委託しているため、会員が委託先のクレジットカードを持っていない場合、新しく作らなければなりません。

以下が口座振替でもクレジットカードが必要なスポーツクラブです。

  • ゴールドジム
  • ルネサンス
  • ティップネス

ただし、ゴールドジムはフランチャイズ店を持っており、一部のフランチャイズ店ではクレジットカードなしの口座振替が可能です。
詳しくは契約予定のジムに問い合わせてみましょう。

支払の手間は口座振替・クレジットカードのどちらも大きく変わりませんが、滞納時のリスクは異なります。
クレジットカード支払、もしくはクレジットカードが必要な口座振替支払の場合、滞納時に信用情報に傷がつくためです。

ジムの料金を滞納というより、クレジットカードの料金を延滞したと考えるとわかりやすいでしょう。
クレジットカード会社では信用情報を共有しているので、他のクレジットカードが作れなくなる可能性もあります。

スポーツジムの料金を未払いのまま放置した場合

003

今月の月会費を工面するには >>

スポーツジムの会費を滞納した場合、会員権の喪失、強制退会、再入会禁止などの厳しい措置が取られます。

また、クレジットカードもしくは決済代行サービスで会費を未払にすると信用情報にも影響し、住宅ローンや車のローンが組めなくなるリスクもあるのです。

具体的に、スポーツジムの月会費を未払いにした場合には、以下4つの措置・トラブルが考えられます。

以下の項では、ジムごとに違う強制退会後の再入会についても併せて解説しています。実際に、あなたが通っているジムで取られる可能性のある措置を見ていきましょう。

約2~3か月で会員権を失う

フィットネスクラブでの料金支払いの大半はクレジットカード払いや、自動引き落としによるもの。

しかし、「うっかり口座の登録をしないままでいた…」という方もいます。

全国的に展開しているフィットネスクラブ・スポーツクラブの多くは、2か月以上の料金滞納で会員権を喪失するよう規約を定めています。

この2か月の間、電話やハガキなどで月謝支払いの案内が来ますので、気が付いた段階で支払えばOKです。

これに応じなかった場合には請求書が届くようになり、それすら無視していると強制退会処分が取られます。

通っていなくても支払い義務が発生する

通っていなくても支払い義務が発生する

また、入会はしたものの都合があわず、通えていない場合であっても月々の料金は支払う必要があります。

まったく通わず、払わずでそのまま退会処分になったとしても、支払い義務がなくなったわけではありません。

ですからいつ請求書が届いたり、裁判を起こされたとしても
「これは違法だ」とは言えないのです。

強制退会になった場合どうなるの?

会員権を喪失した場合、当然ですが強制退会となります。

ジムやクラブによっては強制退会者リストが設けられ、社内やスポーツクラブ同士で共有されることもあります。

このため、約3~5年は他のクラブに入会することができません。

強制退会後の再入会も厳しい

スポーツクラブの会費を一定期間滞納すると、ほぼすべてのスポーツクラブで強制退会の措置が取られます。

期間はそれぞれ違うものの、どのクラブでも滞納を続けたまま放置すると強制退会となってしまいます。

また、一度強制退会になってしまうと、再入会が難しいのも特徴です。

以下の表を見ていただくとわかるように、主要なスポーツクラブの半分以上は、一度強制退会になった会員の再入会を認めていません。

この先、「もう一度このジムを利用したい」と思っても、利用できない可能性の方が高いのですね。

将来的なことも考えると、滞納によって強制退会になる前に何らかの手を打つ必要があると言えるでしょう。

ジム名 強制退会 再入会
コナミスポーツクラブ あり OK
LAVA International あり OK
ゴールドジム あり 記載なし
東急スポーツオアシス あり NG
ルネサンス あり NG
ジョイフィット あり NG
カーブス あり 記載なし
エニタイムフィットネス あり NG
ティップネス あり NG
セントラルスポーツ あり 記載なし
スポーツクラブNAS あり NG

クレジット支払いの場合は大変なことに

クレジット払いの場合は大変なことに

またクレジットカード支払いの場合、滞納してしまうとあなたのクレジットヒストリー(クレヒス)に滞納した履歴が記載されます。

この情報は個人信用情報機関に数年の間保存され、クレジット会社やローン会社などに共有されます。

このため、新規クレジットカードの審査に通らなくなる、ローンが組めなくなるなど、その後の生活に関わる大きな問題となります。

大手のフィットネスクラブでは最初のクレジットカードの作成をするよう求める場合があります。

契約の際は、こういった問題もあることを念頭に置くよう心掛けてください。

今月の月会費分だけでもなんとかしたいなら

スポーツジムの料金が支払えないときはどうすればいい?

スポーツジムの料金が払えない時の対処法

では、どうしても月謝支払いが間に合いそうにない…というときはどうすればよいのでしょうか。

まずは通っているスポーツクラブの窓口へ相談

あなたがどんな支払い方法で料金を払っている場合でも、まずはスポーツクラブの窓口まで連絡するようにしてください。

スポーツクラブでは様々な支払い方法を用意していますが、それによって対処方法が異なります。

話し合い次第では、途中休会などの対処で支払いを待ってもらえたりすることもあります。

通い続けたいという意思表明をしっかりと行うことが重要です。

また突然の病気や怪我、引っ越しなどやむを得ない事情で通えなくなった場合にも、休会・退会手続きを行ってください。

休会制度を利用する

スポーツジムの料金の支払いに悩んでいるなら、休会制度を利用するのもひとつの方法です。

ほとんどのジムが長期出張やケガ・病気での一時的な入院などを想定して、休会制度を設けています。

細かい内容はジムごとに異なるものの、1か月500円から2000円程度で休会できることから、月々の支払いを抑えることが可能です。

ただし、基本的に休会期間は2-3か月程度と定められている点には注意してください。

指定の休会期間を過ぎると自動的に月会員契約が再開となり、以前と同じように月会費がかかります。

たとえば、規約上2か月の休会期間となっている場合、2か月目までは休会費の500-2000円を払えばよいですが、3か月目以降は月会費を支払わなければなりません。

2-3か月以内にお金を工面できるなら、休会制度を利用するのがおすすめです。

退会手続きを行う

会費がどうしても払えそうにないなら、いったん退会手続きを行うという方法もあります。

滞納による強制退会と自主的な退会は、結果こそ同じものの、その意味が大きく異なります。

まず、料金の支払いについてです。

滞納の場合は強制退会になるまでの期間の未払い分を支払う必要があります。

この期間は、滞納していても「在籍扱い」となっているからです。

一方、自主的な退会であれば「在籍扱い」にはならないので、締め日によって当月分のみ、もしくは次の1か月分の料金しかかかりません。

それに加えて、クレジットカード払い、クレジットカードが必要なタイプの口座振替では、自主的な退会であれば信用情報に傷がつかないメリットもあります。

次に、再入会についてです。

滞納の場合は再入会不可のジムが多いですが、自主的に退会した場合はその心配は要りません。

いわゆる「出入り禁止」にはならないので、お金に余裕ができたら、またジムに通えます。

ジムによっては再入会キャンペーンを行っているケースもあり、お得に再入会できるかもしれません。

口座振替の場合は直接支払うこともできる

口座振替の場合直接支払いができる

例えば残高不足で月謝の引き落としがされなかった場合には、クラブにいって直接受付に支払うこともできる可能性があります。

場所によっては受付近くに精算機を置いているクラブもあります。
延滞してしまった手前、直接支払いに行くのは躊躇われるかと思いますが、ここで放置すると状況は悪化するばかりです。

今後の事も考えて、きちんと精算しておきましょう。

クレジットカード払いの場合はカード会社へ

クレジット払いの場合、すでにカード会社がスポーツクラブへ料金を立て替えて支払っています。

そのため、支払い先はカード会社になります。

口座の残高不足などで引き落とし日に間に合わなかった場合、1週間前後でカード会社から再引き落とし日の明記された書面が送付されます。

再引き落とし日までに料金を口座に入れておきましょう。

その日に間に合いそうにない場合は連絡をして、再引き落とし日の変更をするとよいでしょう。

そのまま会費を支払わず、2か月以上滞納すればクラブからの強制退会や督促状の送付が行われます。

3か月以上滞納した場合には訴訟が申し立てられ、最悪の場合、給与や預金口座が差し押さえられるケースもあります。

充分留意するようにしてください。

今月だけでもなんとかしたいなら「クレジットカード現金化」!

3ステップで簡単クレジットカード現金化
  • サイトから申し込む
  • クレジットカードのショッピング枠で商品を購入
  • 最短3分で口座にお振込み!

「強制退会を避けるためにも、一月分だけでもとりあえず払ってしまいたい、でもお金がない!」そんな方にオススメしたいのが「クレジットカード現金化」

ショッピング枠の残ったクレジットカードさえあれば簡単に現金が手に入ります。

在籍確認などもないのでカードローンより手軽に出来るというところも魅力的ですね。

まずは無料見積りでいくら貰えるのかチェックしてみましょう。

いつでもペイ

いつでもペイ_業者_バナー\後払いアプリ・クレカで換金/

今すぐ現金が必要なら「いつでもペイ」!
後払いアプリやバンドルカードがあれば即日換金できる!
審査不要・スマホ完結だから周りにバレない♪
もちろんカード事故やトラブルはございません!
まずは公式サイト今すぐ無料でお見積り♪

まとめ:通い方は人それぞれだけど、通ってなくても支払い義務がある

通えなくなったら放置は禁物

クラブ会員として籍を置いている以上、施設や設備の利用は自由にすることができます。

プランによって違えど、月1回でも、週5回でも、例え通っていなかったとしても、料金の支払い義務は発生しているのです。

体調不良や突然の怪我や病気で通えなくなったからといって、クラブ側にまったく連絡できない、ということはないはずです。

これからも通い続けたい、という場合には必ずクラブ側と相談してください。

休会措置や退会手続きを取って、余裕ができ次第復会、再入会という手続きを行ってください。

キャッシングでお金を借りて支払うこともできます。

しかし滞納分を一括で支払わなければいけないなど、余程のことがない限りそんな手段を講じる必要はありません。